PR

ニュース 経済

中国発アプリ立ち入り検査を 自民議連が提言とりまとめ

TikTokのロゴ(ロイター)
TikTokのロゴ(ロイター)

 自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(会長・甘利明税制調査会長)は10日、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を念頭に置いた中国発アプリによる個人情報漏洩(ろうえい)の防止に向け、政府に示す提言をまとめた。

 提言では、国家安全保障局(NSS)や内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)などがアプリ提供者への立ち入り検査などを実施できる仕組みづくりを求めている。また、アプリ利用者のデータ取り扱いに関しては、他国の法令が適用されるか否かをアプリ提供者が明確にすることなども盛り込んだ。

 この日開かれた議連の会合では、ティックトックの運営会社側からの説明を聞いたうえで、提言をまとめた。議連は近く、政府に提言する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ