PR

ニュース 経済

中国、8月の新車販売は約12%増

 【北京=三塚聖平】中国自動車工業協会が10日発表した8月の新車販売台数は、前年同月比11・6%増の218万6千台だった。新型コロナウイルス直撃からの市場回復が続いており、5カ月連続で前年実績を上回った。中国政府が主導する経済活動の再開を受け、商用車の販売が大幅に伸びている。

 伸び率は7月(16・4%)から縮小したものの、4カ月連続で2桁成長が続いている。内訳では、乗用車が6・0%増、商用車が41・6%増と大きく伸びている。電気自動車などの「新エネルギー車」は25・8%増で、2カ月連続で前年実績を上回った。

 1~8月累計の販売台数は前年同期比9・7%減の1455万1千台で、依然としてマイナス圏にある。今月下旬には北京国際モーターショーが予定されており、同協会は「さらに自動車消費を牽(けん)引(いん)する」と期待感を示している。

 日系自動車大手4社の8月の新車販売台数では、トヨタ自動車が前年同月比27・2%増、ホンダも19・7%増と2桁成長だった。一方で、日産自動車とマツダが5カ月ぶりにマイナスに転じるなど、回復傾向にばらつきも出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ