PR

ニュース 経済

ソフトバンク、AI・IoTで混雑回避 スマートビルで働き方刷新

 ソフトバンクは9日、東京・汐留(港区)から14日以降、順次移転する東京・竹芝(同)の新本社ビルを公開した。東急不動産、鹿島と共同開発した新社屋は、あらゆるモノが通信でつながるモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)を駆使し、混雑しないオフィス、エレベーターなどを実現する「スマートビル」だ。新型コロナウイルスの感染拡大で新たな日常(ニューノーマル)への対応が迫られる中、働き方やオフィスの在り方を一変させる可能性がある。

 「出勤時間が午前8時半だと入り口は混雑。8時頃だと混雑度が下がります」。通勤前にスマートフォンをのぞくと、アプリで提案があり、混まない時間帯を選んで出勤できる。会社に到着し、入り口の顔認証でゲートを通れば、エレベーターを操作しなくても自分のフロアまで自動的に運んでくれる。ソフトバンクの新本社ではこうしたストレスフリーな環境で働くことができる。

 技術の肝は屋内外に約千個取り付けられたAIカメラやセンサーだ。ビル内やビル周辺の人の動きである「人流データ」、混雑情報などをソフトバンクのIoT基盤に集積し、オフィスの混雑回避などに活用する仕組みとなっている。

 入り口やエレベーター、トイレ、飲食店などの混雑状況や混雑予測はアプリやビル内に設置された電子看板(デジタルサイネージ)を通じ随時配信される。データはビル管理などにも活用され、不審者をカメラで検知して近くにいる警備員に通知できる。

 「生産性が上がるビルでイノベーション(技術革新)に期待している」。ソフトバンクの宮内謙社長は9日の記者会見で語った。コロナ禍で在宅勤務が進む一方、さまざまな部門の社員が直接連携を取る場としてのオフィスも重視する。自由に席を選べるフリーアドレスやフレックスタイムの導入など制度面の工夫と合わせ、働きやすい環境を整える。

 ソフトバンクは新本社でスマートビルを自ら試し、他社の社員がいつでも訪問できるショールームのようにして、ビルの仕組みを外販する考えだ。(万福博之)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ