PR

ニュース 経済

産業革新投資機構 事業再編向けファンド立ち上げ 

事業再編へ出資するファンドの設立を発表した産業革新投資機構の横尾敬介社長(中央)ら=9日午後、東京都中央区
事業再編へ出資するファンドの設立を発表した産業革新投資機構の横尾敬介社長(中央)ら=9日午後、東京都中央区

 産業革新投資機構(JIC、東京)は9日、ベンチャーキャピタル(VC)子会社を同日付で設立し、この子会社を通じて事業再編を考える企業などを投資対象とするファンド(基金)を立ち上げたと発表した。事業再編には大規模なリスクマネーが必要とされ、ファンドを民間投資の呼び水にする。

 新ファンドは「JICプライベートエクイティ」で、VC子会社のJICキャピタル(同)が運用する。ファンドの規模は2千億円で、運用期間は10年。1社あたりの投資額は100億~400億円で、10社程度の投資を想定している。

 新ファンドとは別に、JICとJICキャピタルは2千億円規模の共同投資ファンドを別途設け、1千億円規模の大型投資案件にも対応できるようにする。また民間のファンドとも連携した協調投資も検討する。

 事業再建だけでなく、新産業の創造、デジタル技術による変革(デジタルトランスフォーメーション=DX)による社会課題解決につながるような事業を手がける企業にも投資する考えだ。

 JICキャピタルの社長には、リクルートホールディングスで経営企画や事業戦略などを担当した池内省五氏が就いた。池内氏は同日の記者会見で、「国内外の再編を通じて先端技術を企業が取り入れることで、日本の産業競争力の向上につなげていきたい」と抱負を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ