PR

ニュース 経済

経団連、ESG投資拡大に向け、企業と投資家の建設的対話を

 経団連は8日、企業の将来性や社会課題解決、ESG(環境・社会・ガバナンスといった中長期的な価値向上方針を意識した投資の拡大に向け、企業と投資家の建設的な対話促進を求める行動指針を取りまとめた。短期的な利益のみを追求する投資スタイルに対する批判や反省から、持続可能な金融・資本市場を求める考えが広がっていることに対応した。

 今回の指針では、まず企業と投資家の対話促進には情報開示が重要であるとしたほか、対話を進めた結果が、企業での行動変化や、投資家サイドでの投資判断や議決権行使などのプロセスにどのような影響を与えたかなどの提示を求めた。対話が具体的な行動に結びつくことが、双方で明確になれば、質の高い対話が好循環になると指摘する。

 また、株主総会などで投資家のさまざまな判断に大きな影響を与えるとされる議決権行使助言会社に対しては、人的・組織的な体制拡充や助言策定のプロセスの透明化が欠かせないとして、改善を要求。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって対話促進にデジタル基盤を活用することなども求める。

 行動指針は15日の経団連幹事会で最終決定し、金融庁などに申し入れると同時に、機関投資家、上場企業に呼び掛ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ