PR

ニュース 経済

三井不動産、大阪にライフサイエンス産業の交流拠点オープン

三井不動産が開設した「ライフサイエンスハブウエスト」=7日、大阪市内(黒川信雄撮影)
三井不動産が開設した「ライフサイエンスハブウエスト」=7日、大阪市内(黒川信雄撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 三井不動産は7日、周辺に製薬関連企業が多く集まる大阪・備後町に、医療や製薬などライフサイエンス分野の企業関係者や研究者のための交流拠点「ライフサイエンスハブウエスト」を開設した。三井不動産は同様の取り組みを東京・日本橋でも展開しており、東西の拠点を連携させ、業界全体の交流活性化を図る。

 新拠点は三井不動産の関西支社が入るオフィスビルのワンフロアにオープン。延べ床面積約994平方メートルで、会議室やラウンジ、ベンチャー企業向けの貸しオフィスなどを備えた。

 利用は三井不動産や大学、企業などが加盟するライフサイエンス分野の社団法人「LINK-J」(理事長・岡野栄之慶応義塾大医学部教授)の会員に限られる。LINK-Jも同日、関西での活動強化に向けた新部門を立ち上げたと発表した。

 LINK-Jの副理事長を務める大阪大心臓血管外科の澤芳樹教授は同日、新拠点で行われた会見で「ライフサイエンス分野では、関西の方が関東よりも活発に活動が行われている。この拠点が果たす役割は大きい」と期待を寄せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ