PR

ニュース 経済

【独身だから家を建てる】令和の新生活様式7.5坪の究極ミニマリスト住宅

株式会社シーキューブ

 八尾市にある工務店、株式会社シーキューブ(以下同社)は今回、俗にいうミニマリストのおひとりさまの家、7.5坪の家を新築した。ミニマリストというと家にある無駄なものを省く、最低限しか持たないという印象があるが、そのような人が建てる家の特長は一体何があるのだろうか。

開発背景

 今回新築したのは大阪市阿倍野区30代女性の一人暮らしの家。最近は女性の1人での持ち家志向は高まっている。時代背景としては、人生100年時代。老後2000万問題。それを女性1人で生きていくために、家賃のかからない持ち家があることは1つの安心材料になる。小さい家は掃除の労力も少なく、固定資産税を抑えることにもつながる。

 ミニマリストがおひとりさまとして、毎日を過ごすとなると極め方も徹底的。彼女の普段の家での暮らし、持ち物として次のような特徴がある。

 持っている靴は全部で3足。衣類は必要最低限を着まわす。料理はしない。食事はコンビニで済ませるため冷蔵庫は高さ50CM程度のタオルウォーマー程の大きさが一台。その上に電子レンジが一台乗っている。

 節約志向な女性は、持ち物に無駄がなくシンプル。新居に引っ越す際の荷物は全部でミカン箱3つ分ほどの量のみ。

実施内容

 今回、7.5坪の平屋の家の間取りは、7帖のリビング、トイレ、洗面脱衣室、風呂と、間取りもシンプル。収納は床下収納のみ。

 女性は、自分が良いと思ったものにはお金を惜しまずに使う。例えば、きれいな水を使うために今回、セントラル浄水器を採用。洗面やシャワーなどすべての水が浄水で出てくるようになっている。

 同社では現在、同じ大阪市内に1階床面積8坪の3階建て、ネコと犬と暮らすおひとりさま女性の家も建設中。このようなこともあり、現代の象徴的な家づくりといえる。

 令和時代に入り、さらなる少子高齢化、晩婚化が進む中で子供を持たない人。一人で生涯過ごす人の数は増加傾向にあると思われる。

 そのような社会の中で、家の持つ意味やあり方もこれまでとは変わってくるのかも知れない。

 ・生涯家族で暮らすためではなく、一人で暮らしていくために家を買う。

 ・家は広ければいいものではなく、コンパクトに効率性を重視したものになる

 そんな未来の住宅のあり方を考えさせられるような新築物件となった。

※参考資料1.

 今回の間取りについて

 建築面積:7.5坪(24.8平米)

 間取り:1K (バストイレ別・床下収納付き)

※参考資料2.

 株式会社シーキューブについて

 本店:八尾市旭ヶ丘2-59-3

 あべの店:大阪市阿倍野区阿倍野元町1-9

 TEL:0120-036-833

 FAX:072-992-1637

 公式HP:https://www.c-cube.cc/

 (株)シーキューブは大阪で49年続く設計、施工、管理を行う住宅メーカーです。代表・安本の「ただ家を建てるだけでなく、そこに暮らす人の幸せや笑顔、絆を紡ぎたい」という想いから、お客様の価値観やお家に対する想いをお聞きした上でより良いご提案をしています。そのようなことから、今回のようなお客様とご縁をいただきました。

 今回のお客様にも、どのような背景があってのご新築か、どんな価値観をお持ちかをお伺いしました。想いがカタチになったおひとりさま女性のシンプルな家。その背景や価値観を知っていただくことで、今の時代の中で生き抜く女性の考え方を知り、力を感じていただけると思います。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ