PR

ニュース 経済

セブン計画休業拡大、1650店に ローソンも1060店

セブン-イレブンの店舗
セブン-イレブンの店舗

 セブン-イレブン・ジャパンは5日、台風10号の接近に伴い順次実施している店舗の計画休業について、当初の約1000店から約1650店に拡大すると発表した。九州7県に加え、山口県の一部店舗でも加盟店オーナーの判断で臨時休業する。

 ローソンも九州と山口県、愛媛県の計1060店で計画的に休業する。大半の店舗で6日もしくは7日から休業する。九州では約8割に当たる1044店で営業を取りやめる。山口県は14店、愛媛県は2店で休業する。

 ファミリーマートは台風の状況に合わせて柔軟に判断するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ