PR

ニュース 経済

週明けの操業停止相次ぐ 製造業、九州や中四国

 台風10号の接近を受けて、九州や中四国に拠点を置く大手製造業は5日、週明け7日に関係する工場の操業を停止する方針を相次いで明らかにした。従業員らの安全確保が理由で、トヨタ自動車の生産子会社、トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は、宮田工場(同市)など福岡県内の3工場について、7日の稼働を一時止める。

 キヤノンは、デジタルカメラや複合機関連などの大分県、宮崎県、長崎県にある4子会社の生産拠点を7日に休業とする。振り替えで別の日に稼働するため生産には影響がないという。

 三菱重工業は、下関造船所(山口県下関市)、長崎造船所(長崎市)、製鉄機械などを造る広島製作所(広島市)について、7日の稼働停止を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ