PR

ニュース 経済

アップル、人権尊重を約束 中国政府に服従の批判受け

米アップルのロゴ(ロイター)
米アップルのロゴ(ロイター)

 米アップルは、人権を尊重した事業活動を約束する方針を発表した。情報と表現の自由の取り組みを進めるとしている。中国政府によるアプリ削除などの要求に、アップルが屈しているとの批判を受けた措置とみられる。

 アップルは文書で「開かれた社会を後押しする最善の方法は、その国の法律に同意しない場合でも、関与し続けることであると確信している」と説明し、政府側との対話の重要性を強調した。中国を名指しせず、具体策に言及しなかった。

 アップルは「国内法と国際的な人権基準が異なる場合、より高い基準に従う。両者が対立する場合、国際的な人権の原則を尊重するよう努めながら、国内法を尊重する」と説明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ