PR

ニュース 経済

AIベンチャーのプリファード、資源探索で三井物産と合弁

 人工知能(AI)ベンチャーのプリファードネットワークス(PFN、東京都千代田区)は3日、三井物産と合弁で、地下の構造を解析するAIの開発に取り組む新会社を8月31日付で設立したと発表した。このAIを活用すれば、地下に埋蔵する資源の探索の効率化が図れる。

 新会社「ミットピーエフエヌエナジー」(同区)は、出資比率は三井物産が51%、PFNが49%で、金額は非公表。石油や天然ガスの埋蔵調査では人工的に発生させた地震波を解析する手法が一般的。この解析にPFNのスーパーコンピューター、AIの一種であるディープラーニング(深層学習)と呼ばれる技術を用いる。これにより、複雑な地下構造を素早く推定する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ