PR

ニュース 経済

「スターレット」アフリカで復活 豊田通商がOEM供給受け販売

豊田通商がアフリカで販売を始める小型乗用車「スターレット」
豊田通商がアフリカで販売を始める小型乗用車「スターレット」

 豊田通商は1日、スズキからインド製の小型乗用車のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、トヨタブランド車「スターレット」としてアフリカでの販売を始めると発表した。アフリカでの中間所得層が拡大し、個人向けの小型車需要が急拡大するとみており、商品を強化し、シェア拡大を図る。

 スターレットはスズキがインドで生産する5ドアハッチバック車の「バレーノ」がベース。排気量1・4リットルの5人乗りで価格は130万円からと、同クラスの欧州車、韓国車に対して高い競争力を確保しているという。9月中旬から南アフリカでの販売をスタートし、アフリカ47カ国へ販売を広げていく。

 豊通は昨年1月にトヨタ自動車からアフリカでの営業業務の全面移管を受けた。さらに、同3月にトヨタとスズキが協業関係を拡大し、インドで生産したスズキ車のOEM供給を受けることが決まったことから、今回の取り組みが実現した。今後、スズキ車のアフリカ向けOEM車種を増やす計画で、商品群の拡充を図る。

 豊通のアフリカでの自動車販売は、政府や企業向けの「ハイラックス」や「ランドクルーザー」などの大型車の販売が中心で、個人向けの販売は大きく出遅れていた。今回、低価格小型車の商品開発、生産に定評のあるスズキからOEMによって、個人向けでも競争力を発揮できるとして本格的に個人向けの販売に乗り出す考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ