PR

ニュース 経済

電動車いすのWHILL、慶大病院で自動走行の実証実験

患者の移動で活躍するWHILLの電動車いす =東京都新宿区の慶応義塾大学病院(WHILL提供)
患者の移動で活躍するWHILLの電動車いす =東京都新宿区の慶応義塾大学病院(WHILL提供)

 モビリティー(移動体)ベンチャーのWHILL(東京都品川区)と慶応義塾大学病院(同新宿区)は1日、電動車いすを使った患者の院内移動に関する実証実験を始めた。電動車いすにあらかじめ院内の地図情報を取り込み、病院スタッフのサポートなしで院内を移動できるかを確認する。

 足腰が不自由な患者にとって、診察室や検査室への移動は転倒の危険もある。来年3月末までの期間限定だが、院内での転倒事故の可能性を小さくし、患者への医療サービスを向上させる。

 出発時に目的地を設定するだけで、自動で走行する。電動車いすに付いた複数のセンサーが周囲の状況を探知し、人などとの接触を未然に防ぐ。使用後は無人運転でもとの場所に返却される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ