PR

ニュース 経済

7月の求人倍率1・08倍に落下 失業率は2・9%に悪化 

厚労省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・千代田区(桐原正道撮影)
厚労省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・千代田区(桐原正道撮影)

 厚生労働省が1日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は1・08倍で、1・11倍だった前月から0・03ポイント落ち込んだ。7カ月連続の悪化で、平成26年4月以来、6年3カ月ぶりの水準となった。経済活動は再開されつつあるが、依然として新型コロナウイルスで厳しい雇用情勢が続く。

 総務省が1日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は前月比0・1ポイント上昇の2・9%となり、2カ月ぶりに悪化した。

 男女別の失業率は、男性が前月比0・1ポイント減の3・0%で、女性は0・2ポイント増の2・7%となった。完全失業者数は前年同月比41万人増の197万人だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ