PR

ニュース 経済

アマゾン、米でドローン宅配の認可取得 サービス試行へ

米アマゾン・コムが2019年6月に披露したドローン(同社提供・共同)
米アマゾン・コムが2019年6月に披露したドローン(同社提供・共同)

 米インターネット通販大手アマゾン・コムは8月31日、小型無人機ドローンによる宅配サービスの認可を米連邦航空局(FAA)から取得したと明らかにした。顧客へのドローン宅配サービスを試行する方針だ。

 アマゾンは31日、声明で「この認可は、ドローン宅配サービスに向けた重要な一歩だ。30分配達という当社の目標を実現するため、FAAや世界中の規制当局と緊密に協力する」と述べた。

 アマゾンは昨年6月に新型ドローンを披露。約24キロ以内の距離で、重さ約2・3キロ以下の荷物を30分以内に届けることができると説明した。

 米国のドローン宅配を巡っては、グーグルの親会社である米アルファベット傘下のウイング・アビエーションが昨年、商用サービスの試行を始めた。米運輸大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)も昨年10月、子会社が米当局から認可を得たと発表した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ