PR

ニュース 経済

【経済#word】リファラル採用 人手不足解消へ知人紹介

 新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の自粛や業績不振などで、航空や観光などの業界が来春の新卒採用を見送る事態に追い込まれている。だが、産業界全般としては、少子高齢化で人手不足は続くという見方が強い。IT化の加速などコロナ禍で経営環境が大きく変化する中、企業はあの手この手で優秀な人材を確保しようとしている。そんな中、注目されているのが「リファラル(紹介)採用」だ。

 リファラルは「推薦・紹介」という意味の英語で、リファラル採用は自社の社員に友人や知人を紹介してもらい、採用につなげる手法だ。「コネ」採用が、経営陣や幹部の縁故をベースにしているのに対し、リファラル採用は、社員が自社の社風やカルチャー、働き方と、友人・知人のスキルなどを総合的に判断して会社に紹介したり推薦したりする。このため、入社後のミスマッチを防ぎやすく、中途採用では1次面接をスキップするケースも多い。

 紹介する社員にも会社からのインセンティブ(動機付け)という恩恵がある。勧誘のための会食の費用の他、紹介や採用決定の段階で、報酬が金銭で支給されることが多い。報酬の相場は数万~30万円とみられ、ある調査では約10万円が平均とされる。このインセンティブが、リファラル採用の原動力にもなっている。一方、インセンティブが全くなかったり、人事評価で加点したりする企業もある。

「三方よし」の手法

 リファラル採用が急拡大したのは、人手不足が深刻化し始めた平成28年ごろから。まず、ITやインターネット関連企業などで取り入れられ始めた。就職情報会社のマイナビが企業の中途採用担当者を対象にした「中途採用状況調査2020年版」(回答1148件)によると、リファラル採用を実施した企業は全体の62.9%と、かなり浸透している。

 理由の第1はミスマッチ防止だ。IT業界などでは、せっかく採用したのに、入社後に「思っていた業務ではない」「社風が合わない」との理由で離職する人材が多いと問題視されていた。会社の実情をあらかじめ理解してもらうことが重要になっており、リファラル採用では、紹介者が入社前の検討段階で生の声を友人・知人に伝えられるメリットがある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ