PR

ニュース 経済

東京株午前、446円高 米株高好感、買い戻し優勢

東京証券取引所=東京都中央区(桐原正道撮影)
東京証券取引所=東京都中央区(桐原正道撮影)

 週明け31日午前の東京株式市場の日経平均株価は反発した。前週末の米株高を好感。前週末に安倍晋三首相の辞意表明の影響で東京市場が大きく下落していた反動で買い戻しの動きもあった。上げ幅は一時400円を超え、節目の2万3000円台を回復した。午前終値は前週末終値比446円82銭高の2万3329円47銭。

 前週末28日のニューヨーク株式市場は、低金利政策長期化への期待からダウ工業株30種平均が続伸した。東京市場でも幅広い銘柄に買い注文が入った。

 28日には安倍首相が辞任の意向を示して平均株価が300円超下落して取引を終えており、31日は割安感の出た銘柄が買い戻された。31日に発表された7月の鉱工業生産指数速報が前月と比べて8・0%上昇。経済復調の兆しがみられたことも投資家心理を改善させた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ