PR

ニュース 経済

中国航空大手3社の上期決算軒並み最終赤字 計4000億円の赤字

 【北京=三塚聖平】中国メディアによると、中国南方航空など中国の航空大手3社が30日までに発表した2020年上期(1~6月期)の決算は、いずれも最終損益が赤字だった。新型コロナウイルスの流行による影響が大きく残っており、3社の最終赤字の合計は約261億元(約4千億円)に達した。

 中国紙、中国証券報(電子版)によると、旅客輸送はコロナ禍からの回復途上にあるが、貨物輸送は改善傾向がみられたという。今春以降、中国政府主導で企業活動再開が進められたことが影響したとみられる。

 中国国内で感染拡大が抑制されたことで、今後は国内線で旅客需要の回復が進むという見方が出ている。国際線では、中国当局が新型コロナ対策のため海外との航空路線を絞っているほか、外国人の入国を厳しく制限しており回復には時間がかかるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ