PR

ニュース 経済

短距離・小型…問われるEVの「使い方」 ホンダの新車皮切りに

ホンダが発売する電気自動車「Honda e(ホンダイー)」
ホンダが発売する電気自動車「Honda e(ホンダイー)」

 日本の自動車各社はホンダに続き、年度内に新型電気自動車(EV)投入を相次ぎ予定している。国産ラインアップは一気に増えるが、従来型EVやハイブリッド車(HV)と異なり、短距離・コンパクト型が目立つ。欧州などで強化される二酸化炭素(CO2)排出規制対応する一方、各社は新しいEVの「使い方」を模索している。

 日本メーカーの国内EVは現在、日産自動車「リーフ」と三菱自動車「i-MiEV(アイミーブ)」のみ。冬にトヨタ自動車が2人乗りで軽自動車より小さな超小型EV、マツダも年度内にスポーツ用多目的車(SUV)「MX-30」のEVを投入する計画だ。

 その皮切りとなる「Honda e(ホンダイー)」に試乗すると、ホンダが「2030年のEVの具現化」とアピールする、最新技術とコンパクトデザインに近未来感と親しみを覚えた。丸みある車体やランプはロボットの顔のようで、音声機能もあり今にもしゃべりだしそう。車内は足元も広く、ちょっとした仕事空間にもなる。

 一方、後輪駆動や四輪独立サスペンションなどスポーツカー並みの技術に、制御が早いEV特性を融合。急加速してもアクセルを緩めるだけでしっかり減速し、思い通りに操れた。

 ただ、航続距離や価格面は既存車に劣る。米テスラ約500キロ、リーフ約450キロに対し、ホンダイーは約300キロ。日産リーフより100万円ほど高く、量販HVよりも高価格だ。

 しかし、ホンダの開発責任者、一瀬智史氏は「ガソリン車をEV化するだけでいいのかと常識を見直した」と語る。実際の走行距離に不釣り合いな余剰電力を載せた大きな車が狭い道を走るのが環境車なのか-。そんな問題意識で距離を絞ったという。

 マツダMX-30のEVは航続約200キロでドアは観音開きという斬新なデザイン。トヨタの超小型EVはさらに短い約100キロで高齢者らの超短距離移動を狙うなど、各社とも従来の車とは違う特徴を出そうとしている。

 各社がEVに積極的なのは、来年に欧州で罰金付きの環境規制が導入されるためでもある。EV導入により、会社全体のCO2排出比率を減らせる。ホンダは、EV普及の土壌となる欧州でホンダイーを送配電網の蓄電池とする実験も行うなど、EV戦略の多様化が進んでいる。(今村義丈)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ