PR

ニュース 経済

トヨタ、アマゾン子会社と提携拡大 データ戦略推進

トヨタ自動車は18日、米アマゾン・コム子会社との提携をトヨタグループ各社に拡大すると発表した(AP)
トヨタ自動車は18日、米アマゾン・コム子会社との提携をトヨタグループ各社に拡大すると発表した(AP)

 トヨタ自動車は18日、米アマゾン・コム子会社との提携をトヨタグループ各社に拡大すると発表した。インターネットの通信機能を持つ「コネクテッドカー(つながる車)」分野の強化のため、ネットワークを通じて情報処理するアマゾンのクラウドサービスの活用を広げる。コネクテッドカーから収集する情報を元にした「データ戦略」を多角化する戦略の一環だ。

 提携を拡大するのはアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)。トヨタは2017年にAWSと提携、コネクテッドカーから収集した車両データについて、同社のクラウド技術を活用し、新車開発やメンテナンス情報管理、カーシェアといったサービスの充実に生かしてきた。クラウドサービスを利用すれば、自前で大型設備を持たなくても、ネットワーク経由で高度なデータの処理や管理などが行える。

 トヨタは車両データに関し、アマゾン以外のIT大手とも提携している。

 米マイクロソフトとは2016年、車両のビッグデータの集約センターを運用する合弁会社を米に設立。マイクロソフトのクラウド技術も活用してきた。

 また、ソフトバンクとは次世代の移動サービス創出を目的に、あらゆる機器がつながるモノのインターネット(IoT)を活用してデータを収集する同社のプラットフォームと、トヨタの車両データ基盤を連携させると公表している。

 車メーカーから、移動にまつわる多様なサービスを提供する「モビリティーカンパニー」への変革を進めている豊田章男社長は、異業種も含めた「仲間づくりがキーワード」だとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ