PR

ニュース 経済

5Gで自動走行を高度化 NTTコムとDMG森精機

 今春から商用サービスが始まった第5世代(5G)移動通信システムを活用することで、自動配送ロボットのさらなる飛躍も期待できそうだ。「超高速大容量」「低遅延」「多数同時接続」という5Gの特長を生かせば、細かな地図情報や稼働情報のやり取りが可能になって、自動走行の精度向上などにつながるからだ。

 NTTコミュニケーションズと工作機械大手のDMG森精機は今年5月、特定の場所で5Gの通信網を整備できる「ローカル5G」を使って、DMG森精機の工場内で自律走行型ロボットの遠隔操作を行う共同実験を開始した。

 5Gを用いたロボット制御はWi-Fiなどと比べ、「障害物の検知でスピードが段違いに早い」(担当者)という。また、大容量データの処理が可能になることで、ロボットに搭載するコンピューターの軽量化にもつながる見通しだ。

 両社は自律走行ロボの高性能化を検証し、今後の実用化を急ぐ。将来的には複数のロボットや設備を5Gネットワークでつなげて工場全体のデジタル監視を行うなど、より高度で生産効率の高いシステムの実現も視野に入れている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ