PR

ニュース 経済

丸紅が福島県浪江町で水素調達・配送で事業化調査

 丸紅は17日、福島県浪江町で、水素サプライチェーン(供給網)構築に向けた事業化調査を開始すると発表した。複数の方式でつくられた水素を調達し、水素吸蔵合金を使ったカセットで、家庭などに水素を配達するもので、今年度中に成果を取りまとめる。

 同社が既に宮城県富谷市で実施している水素サプライチェーン実証実験のノウハウを活用する。富谷市では太陽光パネルで発電した電力を使って生成した水素を家庭などに供給している。

 今回は、浪江町に立地する福島水素エネルギー研究フィールドや、福島県内の工場での副生成品、太陽光発電などの再生可能エネルギー由来品など、さまざまな水素源を活用するのが特徴だ。これらを水素吸蔵合金カセットに入れ、みやぎ生活協同組合が、既存の物流ネットワークを活用して組合員に配達し、家庭用燃料電池などで発電する。

 二酸化炭素を排出しない脱炭素型のシステムで、丸紅は取りまとめ役として、事業性などを評価する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ