PR

ニュース 経済

4~6月期GDP、年率27・8%減 戦後最悪 年率換算額41兆円減の485兆円 

新型コロナが猛威を振るい、4~6月期GDPは年率27・8%減、悪化幅は戦後最悪となった
新型コロナが猛威を振るい、4~6月期GDPは年率27・8%減、悪化幅は戦後最悪となった

 内閣府が17日発表した令和2年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比7・8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算では27・8%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で年率換算額では485兆円と前期から41兆円低下し、第2次安倍晋三政権が発足した平成24年10~12月期以降では初めて500兆円を下回った。悪化は3四半期連続。減少幅はリーマン・ショック後の平成21年1~3月期(年率17・8%減)を上回り戦後最悪だった。

 西村康稔経済再生担当相は記者会見で、「非常に厳しい数字だが、4~5月を底に成長軌道に戻すよう全力を挙げる」と強調した。

 4~6月期は感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言と重なり、個別項目は軒並み大幅に落ち込んだ。GDPの半分以上を占める個人消費は外出自粛や店舗休業などの影響で8・2%減と3四半期連続の悪化。比較可能な昭和55年以降では過去最低の水準で外食や旅行関連の悪化が大きかった。

 設備投資は1・5%減と2四半期ぶりのマイナス。企業収益の落ち込みと景気の先行き不透明感から、投資を先送りする企業の慎重な姿勢が目立った。住宅投資は0・2%減だった。

 欧米の都市封鎖(ロックダウン)などによる世界的な経済停滞で輸出は18・5%減と2四半期連続減少。自動車の不振が目立ち、統計上は輸出に計上するインバウンド(訪日外国人客)消費の急減も響いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ