PR

ニュース 経済

「あつ森」売れた! 任天堂4-6月期決算、最終利益約6倍に 巣ごもりで好調

世界的にヒットしているニンテンドースイッチ用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」の画面(c)2020 Nintendo
世界的にヒットしているニンテンドースイッチ用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」の画面(c)2020 Nintendo
その他の写真を見る(1/2枚)

 任天堂が6日発表した令和2年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比約2・1倍の3581億円、最終利益が約6・4倍の1064億円だった。新型コロナウイルスによる「巣ごもり」需要で「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)などのゲームソフトや「ニンテンドースイッチ」などのゲーム機の売り上げが拡大した。

 3月に発売したあつ森の販売本数は4~6月期で1063万本(累計2240万本)を記録。スイッチシリーズ全体の販売台数も前年同期比で2・6倍の568万台となった。利幅の大きいダウンロードソフトなどのデジタル売上高は約3・3倍の1010億円となり、ゲーム専用機ソフトの売上高全体のうち55・6%を占めた。

 一方、3年3月期の連結業績予想は修正せず、売上高が前期比8・3%減の1兆2千億円、最終利益が22・7%減の2千億円と、減収減益のまま据え置いた。同社広報は「業績好調の要因となったあつ森の勢いがこのまま続くと判断するには時期尚早」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ