PR

ニュース 経済

ツクルバ、10期目を迎えコーポレートアイデンティティを刷新

株式会社ツクルバ

 ロゴを刷新、新理念体系を構築

 株式会社ツクルバは、2020年8月に10期目を迎えたことを機に、新コーポレートアイデンティティ(以下新CI)を策定いたしました。MISSIONおよびVISION 2025を実現するための行動規範として、「TSUKURUBA3VALUES」を制定し、MISSIONとVISION 2025と合わせた「新理念体系」を構築しました。また、MISSIONを表現する普遍的な象徴としてコーポレートロゴを刷新しました。新CIの策定により、ツクルバの企業理念をより強固にし、「やがて文化になる事業をつくり続けるリーディングカンパニー」というVISION 2025の実現を目指します。

 「やがて文化になる事業をつくり続けるリーディングカンパニー」というVISIONを実現するため、新CIを策定

 2011年に創業したツクルバは、創業と同時に始めた、あらゆるチャレンジを応援するシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」をco-ba ネットワークとして全国22箇所に展開。2015年からは、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を展開することで、数ある中古・リノベーション住宅の中から理想の「一点もの」との出会いを提供し、人々が自分らしい暮らしを実現するためのサービスとして成長を続けています。そして、2019年7月には、東証マザーズに上場しました。

 会社としてのフェーズが変わり、メンバー(社員)数も120名を超えていくなか、企業理念をより強固にし、2025年を見据えた「やがて文化になる事業をつくり続けるリーディングカンパニー」というVISION 2025の実現を通じて社会に貢献する企業になるため、この度、コーポレートアイデンティティを刷新いたしました。

  ツクルバの「新理念体系」とは

 ツクルバは、「場には人生を肯定する力がある」という創業者の想い(FOUNDERS’ STATEMENT)のもと、「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というMISSIONを掲げ、事業を展開してまいりました。

 昨期においては、2025年までの事業の方向性である「やがて文化になる事業をつくり続けるリーディングカンパニー」というVISION 2025を制定しました。この度、VISION 2025実現のための全社行動指針として、「VALUE DRIVEN(価値からはじめる)」「CHAMPION OWNERSHIP(自分ごとでやりぬく)」「IMPACT FOCUSED(チームは成果のために)」の3つの大切な価値観を持つ「TSUKURUBA 3 VALUES」を制定しました。

 MISSION、VISION 2025、TSUKURUBA 3 VALUESという概念を全てまとめたものをツクルバ「新理念体系」とし、今後の企業活動の中心に据えて、その実現を目指してまいります。

 これからのツクルバを普遍的に表現するシンボルに、コーポレートロゴをアップデート

 創業当時より使用してきた旧ロゴは、共同創業者・代表取締役で、Businessのバックグラウンドを有する村上浩輝とArchitectureのバックグラウンドを有する中村真広を、「B」と「A」を模する三角形を重ね合わせてロゴで表現したものでした。(図01)

 10期目を迎えた現在では、120名を超えるメンバーが主体性を持ち、「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というMISSIONのもと、ツクルバを創り上げています。そのため、現在のツクルバに合致したコーポレートロゴにすべく「ふたりのロゴ」から「みんなのロゴ」へアップデートし、MISSIONを表現する普遍的な象徴として、コーポレートロゴを刷新いたしました。これまでもこれからもツクルバは「場」をつくり続ける、という意志を表現するものとして、「場=(BA)」のモノグラムパターンをデザインコンセプトとしています。

 モノグラムパターンは、「場(BA)」を拡げていくツクルバの「場づくり」を“B”と“A”のモノグラムで表現。 B(Business)が、 脈打つようなA(一貫したツクルバのPhilosophy)で編み込まれ、際限なく「場(BA)」が拡がっていくデザイン(図02)になっています。カラーは、フィロソフィー(情緒や情熱)としての「赤」、ビジネス(論理や理性)としての「青」、 また動脈と静脈など、二項対立を超えて補完し合う組み合わせを表現しています。

 なお、新コーポレートロゴの全社的な運用は2020年11月から開始する予定です。

<ロゴタイプ>

 モノグラムのディティールを持ったオリジナル書体を新ロゴとして設定しました。

<モノグラムパターン+ロゴタイプ>

 また、新コーポレートロゴは、社内外の関係者とともに約1年の時をかけて“共創”いたしました。完成までの道のりを動画と記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

https://note.com/tkrb_community/n/n430b65669972

 ツクルバ10期目を迎え代表からのメッセージ「変化の時代のなかで、生活文化に寄与する場づくりを」公開

 ツクルバ10期目を迎え、代表取締役ファウンダー中村真広、代表取締役CEO村上浩輝が想いを綴ったメッセージを公開しています。ご一読ください。https://tsukuruba.com/news/post-2280

 ■ 株式会社ツクルバ (東証マザーズ:2978)会社概要

 「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。主な事業として、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」、あらゆるチャレンジを応援する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」などのシェアードワークプレイス事業を展開しています。

 設立:2011年8月

 代表者:代表取締役ファウンダー 中村 真広 / 代表取締役CEO 村上 浩輝

 所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1-5 第二育良ビル2F

 URL:https://tsukuruba.com/

 【報道関係者様からのお問い合わせ先】

 株式会社ツクルバ (広報:高橋)

 TEL: 03-4500-8940 MAIL: press@tsukuruba.com

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ