PR

ニュース 経済

<5カ国の多言語に対応>訪日外国人向け体験予約サイト『HAVE FUN JAPAN』リリースのお知らせ!

株式会社カスタメディア

 株式会社キャップスは、株式会社カスタメディア(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:宮崎 耕史)が提供する「カスタメディアMASE」をベースに、訪日外国人の方向けに“日本ならでは” の体験を紹介・予約できる、5カ国の多言語に対応した体験予約サイト「HAVE FUN JAPAN」を構築しました。

■「HAVE FUN JAPAN」について

 「HAVE FUN JAPAN」は、日本ならではの体験や文化をオンラインで予約・決済の出来るマッチングできるサービスです。

 訪日外国人向けの体験予約などを実施する際のお悩みとしても挙げられる、「予約や利用時に発生する言葉の壁」や「キャンセル料を頂けずにドタキャンされてしまう」等を解決し、多くの訪日外国人観光客に日本旅行を楽しんでもえるサービスを構築しました。

<施設側のメリット>

・旅行者にオプションで同行通訳の手配

 言語に不安な方もご安心いただけるように、利用者側のオプションとして体験の際の同行通訳を手配できるサービスを構築しています。

・多言語メニューや説明書の制作

 外国人とのコミュニケーション不安を理由に機会損失を防ぐためにも、多言語のメニューや説明書を掲載店舗様へは特別料金にて制作できるようになっています。

・海外からの予約を日本語で直接仲介

 海外から直接受けた予約を「HAVE FUN JAPAN」が日本語でサービス提供者に連絡を入れる流れで仲介しています。5カ国語に対応しているので、外国語に不安のある方も安心できます。

・事前決済で、ドタキャンでも安心のシステム

 「HAVE FUN JAPAN」では、予約確定時に預かり金をいただくシステムを構築することで、ドタキャンでのキャンセル料の未払いを防ぎます。

<利用者側のメリット>

・5カ国の多言語に対応

 多くの訪日外国人の方がご利用できるように、日本語・英語・中国語(簡体)・中国語(繁体)・韓国語の5カ国語に対応しております。カスタメディアでは、多数の多言語対応のサイト構築の実績もあり、「HAVE FUN JAPAN」はgoogleMapのAPIやgoogleTranslateAPIなど利用し構築いたしました。

・その他、訪日外国人の方が役立つ様々なコンテンツ

 訪日外国人の方が気になるであろう、気になる日本の習慣や土地に関する情報、また「HAVE FUN JAPAN」のサービスの一つである“同行通訳”など、ご旅行に役立つ情報などの情報を掲載しています。

※株式会社カスタメディアでの事業者様へのコロナ禍でのご支援について※

 未だコロナウイルスの流行が絶えない中、大きく影響を受けた企業様は多くいらっしゃると思います。

 また、新しく始めようと思った事業等をお見送りにされた方もいらっしゃると思います。

 カスタメディアでは、コロナ禍で影響を受けられた企業様に補助金を活用したマッチングサイト構築のご支援や

 ご利用料金、構築費用の一部減免など新規事業へのご支援を行わせていただいております。

■株式会社カスタメディアとは

 2008年6月に関西ブロードバンド株式会社のSNS事業部が分社独立しKBB,I&D株式会社となり、2018年6月より株式会社カスタメディアへ社名変更をいたしました。弊社では、2005年から独自SNSやブログ、ポータルサイト、会員制サイト、キュレーションサイト、オウンドメディアなどの制作を可能とする「カスタメディア」を数多くの企業様や団体様にご採用、ご活用をいただいております。

 2017年、「カスタメディア」で培ってまいりましたノウハウを元に、シェアリングエコノミーを実現するマッチングサイトの構築がより簡単にできる「カスタメディアMASE」をリリースいたしました。

 また、2018年5月にはシェアリングエコノミー協会会員となり、コンサルティングの充実に向けた、多種の情報交換の機会や、協会として得られる知見や権利などを共有して、お客様ならびに弊社の課題解決力を向上させ、シェアリングエコノミー市場活性化および、更なる普及、発展への貢献を目指し努力しております。

http://www.kbb-id.co.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ