PR

ニュース 経済

スターバックス、働く人のためのワーキングスペースカフェを銀座に開業 

「スターバックスコーヒー CIRCLES 銀座店」2階のスターバックスコーヒーが運営する「スマートラウンジ」空間。ビジネス利用を主眼に置いた設計になっている(スターバックスコーヒージャパン提供)
「スターバックスコーヒー CIRCLES 銀座店」2階のスターバックスコーヒーが運営する「スマートラウンジ」空間。ビジネス利用を主眼に置いた設計になっている(スターバックスコーヒージャパン提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 コーヒーチェーン「スターバックスコーヒー」を展開するスターバックスコーヒージャパン(東京)は29日、店内でのパソコン作業などがしやすい設計でビジネス利用を主眼とした新店舗「スターバックスコーヒー CIRCLES(サークルズ)銀座店」を30日、東京・銀座で開業すると発表した。テレワークの普及でオフィス以外で仕事ができる環境を求めるビジネスパーソンのニーズが高まっていると判断、新たな店舗開発も視野に、ワーキングスペース企画運営企業などとの協業で運営を行う。

 新店はビルの1、2階部分に入り、1階はコーヒーなどを販売提供するカウンターに限定。2階フロアの半分はスターバックスが今回立ち上げた「スマートラウンジ」の考えで運営。個室風に仕切って電話やテレビ会議で話をしながらでも作業ができる事前予約可能な1人用座席や、複数人でも利用できるテーブル席など全55席を用意した。

 残る半分は眼鏡販売店「JINS(ジンズ)」を展開するジンズホールディングスの子会社で、1人での作業(ソロワーキング)に集中して取り組める空間設計やワーキングスペースを運営するThink Lab(シンク・ラボ)が運営。17席の全席が1人用で集中して作業ができるよう個室風に仕切られている。利用料が必要で、15分利用300円(税別)、1時間で1200円。長時間利用のパック料金も設定した。

 スターバックスはシンク・ラボに本社のオフィス環境整備を依頼。社員の評価が高かったことや、カフェで仕事をする人が一定数いる状況を踏まえ、協業での店舗開発につながった。スターバックスの担当者は「今まで働く人はオフィスに、今は自宅にいなければならないが、自宅は働くためには作られておらず、不具合を感じていると思う。働く場所の選択肢は求められていると確信している」とし、新店での経験をビジネス利用に適した店舗開発に生かしていく考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ