PR

ニュース 経済

廃ジップロックを傘に再生 旭化成子会社など

使い捨てのジップロックを材料にした再生傘(ネイチャーイノベーショングループ提供)
使い捨てのジップロックを材料にした再生傘(ネイチャーイノベーショングループ提供)

 家庭向け日用品メーカーの旭化成ホームプロダクツ(東京都千代田区)は29日、使用済みのファスナー付きプラスチック袋「ジップロック」を傘に再生する取り組みをベンチャー企業などと共同で始めると発表した。

 「ジップロックリサイクルプログラム」と称したこの取り組みは、米リサイクル会社のテラサイクル(ニュージャージー州)の日本法人が使用済みジップロックを回収し、洗浄や破砕、溶解などを経てシート状に原料化。それを裁断して傘の生地として再利用する。

 商品のロゴや意匠を取り入れた傘のデザインは衣料品大手のビームス(東京都渋谷区)が担当した。

 再生傘は1千本作られ、「アイカサ」と題した傘のシェアリング(共有)サービスを手がけるベンチャー企業、ネイチャーイノベーショングループ(同区)が9月から西武池袋線池袋ー飯能の各駅に設置される傘の貸出場所に順次配備。有料で貸し出す。

 再生傘の重さは96グラム。ジップロックMサイズ(縦18・9センチ、横17・7センチ)を15枚前後使って作られた。将来的には骨の部分もジップロック製にすることも検討する。

 東京都内で29日に開かれた記者発表会で、旭化成の坂元善洋・消費財マーケティング室長は「消費者に楽しんで頂きながら、循環型社会に触れるきっかけになれたらと思っている」と語った。

 現在、日本では年間8千万本ものプラスチック傘が消費されている。その大部分は数回使用で廃棄されているとみられる。近年、中国などのアジア各国で日本からの廃プラスチックの輸入規制が強化され、行き場を失った廃プラスチックが急増。日本国内での資源循環体制の構築が課題となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ