PR

ニュース 経済

米マクドナルド、客のマスク着用義務化 拒否には特別対応

マクドナルドの看板(AP)
マクドナルドの看板(AP)

 【ワシントン=塩原永久】米ハンバーガー大手のマクドナルドは24日、店内で客に原則としてマスク着用を求めると発表した。8月1日から約1万4千店で実施する。ただし「個人の自由だ」として拒否する客に対しては、ほかの客と離れた場所に誘導して注文を取るなど特別対応をとる。

 店内での着用義務化は、コーヒーチェーンのスターバックスや、小売り大手ウォルマートが導入するなど全米で広がっている。

 すでにマクドナルドの店舗の約8割は、室内でマスク着用が義務づけられた地域にあるが、8月以降は、要請にとどめている地域でも着用を客に要求する。

 米CNNによると、同社は着用を拒む客への対応手順を策定。非着用の客にマスク1個を提供。それでも拒否する場合は他人から距離を置いた指定の場所にとどまってもらい、注文をとる。スタバは非着用の客に店外で待つよう要請する。

 マスクをめぐってはトランプ米大統領が着用を固辞してきた。「着用しない自由」を訴える人もおり、着用を求める従業員に罵声を浴びせたり、商品を投げつけるなどのトラブルが起きており、接客を必要とする業界の課題となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ