PR

ニュース 経済

ワクチン1億回分に合意 新型コロナ、ファイザーなどが米政府と 

 米製薬大手ファイザーの看板=22日、ニューヨーク(ロイター)
 米製薬大手ファイザーの看板=22日、ニューヨーク(ロイター)

 【ワシントン=塩原永久】新型コロナウイルスのワクチンを共同開発している米製薬大手ファイザーと独バイオ企業ビオンテックは22日、ワクチン1億回分を米政府に供給することで合意したと発表した。米政府が支払う契約料は19億5千万ドル(約2千億円)。米政府は交渉次第で、さらに最大5億回分を確保できる契約内容だという。

 ファイザーなどとの合意は、米政府がワクチンの早期入手を目指す「ワープスピード作戦」の一環。米国民が無料で接種できるようにする計画だが、米食品医薬品局(FDA)の承認が条件となる。

 ファイザーとビオンテックは早ければ今年10月にも当局へ認可を申請し、臨床試験の結果次第では、年末までに最大1億回分、来年末までに13億回分超のワクチン製造を目指している。

 ファイザーなどは1人に2回の接種を行う方向だといい、単純計算すると2回の接種費用は約40ドル(約4200円)となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ