PR

ニュース 経済

楽天、送料無料を新規出店の条件に 事実上の標準ルール化狙い

楽天のロゴ=東京都世田谷区(三尾郁恵撮影)
楽天のロゴ=東京都世田谷区(三尾郁恵撮影)

 楽天が通販サイト「楽天市場」の新規の出店者に対し、3980円以上の商品購入で送料を無料にする制度の採用を出店の条件としていることが22日、分かった。楽天は3月に制度を導入する一方、既存の出店者に対しては制度を強制しないとの立場をとっているが、新規出店では制度の受け入れを条件とすることで事実上の標準ルール化を目指しているもようだ。

 野原彰人執行役員が22日の楽天市場の説明会で明かした。楽天は送料を無料にする購入額の水準を発表した昨年8月以降、「新規では送料無料を了承した店舗に出店してもらっている」という。

 楽天の送料無料制度をめぐっては、送料が店舗側の負担になるため一部の出店者が反発。新型コロナウイルスの感染拡大で出店者が対応に追われていることもあり、一律の導入を見送った。

 野原氏は「現段階ですべての店舗に強制しようとは考えていない」と話した。ただ、送料無料制度には出店する約5万店のうちすでに8割程度が参加。価格が分かりやすくなって購買頻度の向上や新規顧客の獲得が進むなど未導入の店舗に比べて取扱高を伸ばしているといい、「経済合理的にそちらの方向に向かうだろう」とみている。

 もっとも導入の際に混乱を招いたことには「狙いが十分伝わっていなかった」(野原氏)との反省もある。今後は未導入の店舗に顧客の声やメリットなどを丁寧に説明するなどして参加を促す方針だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ