PR

ニュース 経済

賃上げ企業は57%、大幅低下 2年度、新型コロナ打撃

東京都千代田区・丸の内のオフィス街のビル群=本社チャーターヘリから(宮崎瑞穂撮影)
東京都千代田区・丸の内のオフィス街のビル群=本社チャーターヘリから(宮崎瑞穂撮影)

 東京商工リサーチが20日発表した令和2年度賃上げ調査によると、賃金を引き上げた企業は前年度比23・4ポイント低下の57・5%にとどまり、平成28年度の集計開始以降で最低となった。これまで各年とも8割を超えていたが、新型コロナウイルスによる業績悪化が打撃となった。

 調査は6月29日~7月8日にインターネットで実施し、1万3870社が答えた。3月下旬~4月上旬に調べた中間まとめでは、賃上げ企業は予定も含めて72・1%だったものの、新型コロナの影響深刻化に伴い一段と下落した。

 大企業は65・9%となった一方、中小企業は55・9%だった。業種別では製造業が62・8%で最も高く、金融・保険業が29・4%で最低だった。賃上げ率は3%未満が57・7%を占めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ