PR

ニュース 経済

JR新宿駅に東西自由通路 改札外でも横断

 運用が始まったJR新宿駅の「東西自由通路」。以前ここにあった西口改札の位置が変更され、通路は改札外となった=19日午前
 運用が始まったJR新宿駅の「東西自由通路」。以前ここにあった西口改札の位置が変更され、通路は改札外となった=19日午前

 JR新宿駅の東口と西口を地下で結ぶ「東西自由通路」の運用が19日から始まった。地上に出たり、地下を遠回りしたりする不便がなくなり、JR改札の外側でも東西を一気に移動できる。新宿駅一帯は2040年代の完成を目指した大規模再開発が計画されている。駅の施設も今回の自由通路を皮切りに、リニューアルされる見込みだ。

 自由通路は長さ約100メートルの直線で、天井や床は白が基調。19日は早速、多くの人が行き交い、撮影する鉄道ファンも。妻や子どもと駅を訪れた東京都町田市の会社員、持田優輝さん(30)は「今までは地上をぐるっと回り込んで行き来していた。動線が分かりやすくなって助かる」と喜んだ。

 JR東日本によると、自由通路ができた場所はこれまで「北通路」の名称で改札内だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ