PR

ニュース 経済

ウィズコロナ時代の観光業「働き方改革も」 群馬県が有識者検討会

ウェブ会議に臨む山本一太知事(右)=17日、県庁(柳原一哉撮影)
ウェブ会議に臨む山本一太知事(右)=17日、県庁(柳原一哉撮影)

 群馬県は17日、新型コロナウイルスと共存する今後の観光業のビジネスモデルなどを有識者らと論議する「ウィズコロナ時代の観光のあり方検討会」のウェブ会議を初めて開催した。

 会議は非公開で行われ、主催者の山本一太知事のほか、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の牧野友衛代表取締役、草津町の黒岩信忠町長ら7人が参加した。

 県内は草津温泉(草津町)など全国有数の観光地を抱えるが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の打撃を受け、回復が課題となっている。

 会議後、山本知事は、大型連休に大人数で動く従来型の観光は「3密」が生じるため、感染防止が困難だと指摘。「季節で変動する観光需要を平準化する新しいビジネスモデルが必要。そのためには、一斉に休暇を取らない働き方改革も同時に進めていくべきだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ