PR

ニュース 経済

Go To旅行の東京除外に「断腸の思い」 赤羽国交相

その他の写真を見る(1/2枚)

 赤羽一嘉国土交通相は17日の閣議後会見で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」について東京都内を発着する旅行と都内居住者を事業の対象外とした上で、22日から予定通り開始すると発表した。東京の感染拡大防止傾向を受けて、感染症対策分科会の16日の議論を経た上で東京の除外を判断した。赤羽氏は「安全対策上やむを得ないが、断腸の思いだ」と述べた。

 トラベル事業は、国内宿泊、パック旅行、日帰りツアー代金の50%を国が支援する事業で、22日からは35%分の代金割引から先行して始める。残る15%分は9月以降、旅先で買い物、飲食に使える地域共通クーポンを配る。

 感染症拡大防止のため、事業に参加する観光関連事業者に対しては、チェックイン時に旅行者全員に本人確認と検温を実施することや、浴場や飲食施設で人数制限を設定して三密対策を徹底することなどを参加条件として義務付ける。

 さらに旅行者に対しても、移動中にマスクを着用することや食事の場などで大声の会話を控えることなどを求める。赤羽氏は「ウィズコロナの時代における旅のスタイルを普及、定着させるチャレンジだと思っている」と旅行者に対しても感染拡大防止を強く意識することを訴えた。

 東京が除外されたことで、割引支援に期待して予約された旅行のキャンセルが相次ぐことも想定されるが、赤羽氏は「国としてのキャンセル料の補償は考えていない」と述べた。急遽(きゅうきょ)、東京が除外されただけに、22日の事業開始に向けては事業者と旅行者双方で混乱が予想される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ