PR

ニュース 経済

ホンダ、中国電池大手に出資 CATL株約1%取得

ホンダのロゴ(佐藤徳昭撮影)
ホンダのロゴ(佐藤徳昭撮影)

 ホンダは10日、中国の車載電池メーカー大手「寧徳時代新能源科技」(CATL)に出資したと発表した。7月に入り、現地法人を通じてCATL株の約1%を取得したといい、額は非公表。昨年発表した電気自動車(EV)向け電池の共同開発を発展させ、新エネルギー車用電池に関する長期的な協業契約を結んだことも明らかにした。ホンダは中国生産車への電池の優先供給を2022年ごろから受け、リサイクルの仕組みも構築予定という。

 発表によると、協業は次世代技術の基礎研究も含めた共同開発、安定供給、リサイクルとリユースと幅広い範囲。将来的には世界でも供給を受ける検討をしている。CATL側は「ホンダはグローバルでの電動化におけるキープレーヤー」、ホンダ側は「長期的なアライアンスで電動化における商品競争力を一層向上できる」とコメントした。

 CATLはリチウムイオン電池の世界有数のメーカーとなっており、トヨタ自動車や日産自動車、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)などとも提携・協力している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ