PR

ニュース 経済

AIベンチャーのプリファード プログラミング教育事業に参入

タブレット端末を使ってプログラミングの基礎が学べるプリファードネットワークスの「プレイグラム」(同社提供)
タブレット端末を使ってプログラミングの基礎が学べるプリファードネットワークスの「プレイグラム」(同社提供)

 人工知能(AI)ベンチャーのプリファードネットワークス(PFN、東京都千代田区)は6日、プログラミング教育事業に参入したと発表した。学習塾運営のやる気スイッチグループ(同中央区)と提携し、独自開発のカリキュラムを小学生向けに提供する。

 「プレイグラム」と名付けられたこのカリキュラムは、米コンピューター教育の指針をもとに、PFNの技術者が開発した。ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学び、そこで得た知識を使って画面上で作品を作り上げていく。最終的には、「テキストコーディング」と呼ばれる実際のプログラミングの現場で使うスキルが習得できる。

 8月からやる気スイッチが首都圏で展開する3教室での対面授業とオンラインでの家庭学習にこのカリキュラムを導入する。

 PFNは将来的には、仮想現実(AR)、機械学習や深層学習(ディープラーニング)といった人工知能の領域もカリキュラムに組み込む考え。

 同日のオンラインによる記者発表会で西川徹最高経営責任者(CEO)は「ここで学んだ小学生が大人になったときに新たな事業を起せるような優れた人材を生み出していきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ