PR

ニュース 経済

JA全中会長に中家氏内定 一騎打ち制す

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は3日、任期満了に伴う会長選の開票を行い、次期会長に現職でJA和歌山中央会会長の中家徹氏(70)が内定したと発表した。中家氏がJA徳島中央会会長の中西庄次郎氏(69)との一騎打ちを制し、再選を確定させた。8月20日の通常総会で就任する。任期は3年。

 6月18日からJA全中の代議員(定数253人)による郵送での投票が行われた。開票結果は、棄権や無効などを除いた有効票のうち、中家氏の得票数が157票で、中西氏が92票。

 中家氏はJA全中の理事や副会長などをへて、平成29年8月に会長に就任。農林水産省の審議会の委員として、今年3月に5年ぶりに見直しが行われた政府の「食料・農業・農村基本計画」の議論にも参加した。

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた農畜産物の需要回復策や、国内農業の生産基盤の強化策などが2期目の課題となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ