PR

ニュース 経済

早くもトラブル多発 マイナポイント事業「カード読めない」

その他の写真を見る(1/2枚)

 マイナンバーカードを用いた政府のポイント還元「マイナポイント事業」の申し込みが1日から始まったが、一部の決済サービスが申し込めないなど、トラブルが相次いでいる。カードがうまく読み取れないなど、慣れない手続きに利用者からはとまどいの声もあがっており、総務省などが対応に追われている。

 《お申し込みができない状況となっております(中略)ご迷惑をおかけしており申し訳ございません》

 マイナポイント事業に参加する楽天カードのホームページには1日、こうしたコメントが掲載された。楽天によると、スマートフォン用アプリの更新が間に合わなかったことが理由だという。

 総務省によると、ほかにも複数の決済サービスで一時的に申し込みができない状況が発生した。1日には約21万件の申し込みがあったといい、マイナポイントのホームページにはアクセスが集中してつながりにくい状況となり、同日午後にサーバーを増強するなどの対応に追われた。また、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」に設置された申し込み用のマルチコピー機でも申し込みができないトラブルが発生した。総務省などによると一連のトラブルは2日までに解消されたという。

 一方で、利用者からは制度の分かりにくさを指摘する声も相次いでいる。特に多いのがスマホでマイナンバーカードが読み取れないという指摘だ。川崎市の会社員の男性(30)も「30分くらいかけて10回以上挑戦したが、すぐにエラー表示が出てしまう」といらだちを隠せない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ