PR

ニュース 経済

スポーツウェルネスD2CのTENTIALがプロテニスプレイヤー西岡良仁選手らより資金調達を実施

TENTIAL

 顧客データを活用し、健康増進・ウェルビーイング領域のDXを加速

 株式会社TENTIAL(本社:東京都渋谷区 代表取締役:中西裕太郎 以下、当社)は株式会社アカツキ、株式会社MTG Ventures、株式会社クレディセゾンのコーポレートベンチャーキャピタルである株式会社セゾン・ベンチャーズ、プロテニスプレイヤー西岡良仁選手らを引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を完了したことを報告します。

資金調達の背景

 当社は、「歩み続ければ、世界はもっと輝く。」というビジョンのもと、ポテンシャルを信じてる人が、歩み続けられるようにすることで、人生をもっと輝かせることを目指す会社です。

 これまで当社が行ってきたスポーツメディア「SPOSHIRU」は月間180万pv、流通金額は年間10億円を超え、日本最大級の規模まで成長しました。さらにD2Cブランド「TENTIAL」は靴に入れるだけで体の調子を整えるテンシャルインソールを発売しています。

 今回の資金調達では、日本を代表するプロテニスプレイヤーである西岡良仁選手が参加しています。西岡選手は、当社代表や社内メンバーと同世代であり元アスリート集団という点や、スポーツだけでなく、ビジネスの世界にも挑戦していきたいという想いから、自身初の投資に至りました。

スポーツウェルネスの現状

 ウェルネス産業は世界で急成長の動きが見られます。その背景として、加齢、現代的な慢性病やストレス、環境汚染による健康への危害から、生活の質をあげることへの関心が高まったことが要因だと言われています。

 また、超高齢化社会が進み、企業側は人材の確保が課題になっている中で、働き方改革が打ち出されたことにより、就職先に望む条件は「従業員の健康や働き方への配慮」が最も多いという結果になりました。(※)

 このことから健康経営に取り組むことが、人材の確保へ繋がるため、さらに見直され、ウェルビーイング経営が加速したと考えられます。

 企業ではウェルビーイング経営の一環で、スポーツをすることの促進や、社内に体を動かすジムを設置するなどのスポーツを通じた事例が増加しており、TENTIALも共に促進していきます。

 (※ https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/180710kenkoukeiei-gaiyou.pdf

テンシャルのビジネスモデルについて

 これまで得られたデータとアスリートの知見を活かすことで、ウェルネス領域での新しいあり方を実現させます。

 当社が運営している日本最大級のスポーツメディアのデータを活用することにより、ニーズを満たす商品の改良や開発=D2Cモデルが強みです。さらに西岡選手など、世界で活躍するアスリートの視点を取り入れ、新商品の開発やグローバル展開へ向けて事業を加速させていきます。オーダーメイドインソールの展開や、大手繊維会社との共同開発商品も準備しており、より豊かな生活へ向けての商品の提供を目指します。

西岡選手コメント

 【経歴】

 男子プロテニス選手。1995年9月27日生まれ。三重県津市出身。

 世界ランキング48位、日本ランキング2位。

 第17回アジア競技大会:金メダル、深セン・オープン優勝(2018年)他

 【コメント】

 3年前に左膝を手術した時に、テニス選手としてテニスだけするのではなく、もっと他の事もしていかなければと思い、色んな事を学び始めた時に投資の勉強もスタートしました。

 その中でアスリートのサポートをしている友人が代表の中西さんを紹介してくださり今回初めてのベンチャー投資を行う事になりました。

 僕にとって初めての経験で、分からない事だらけですが、このTENTIALと言う名前の通り、僕もアスリートとしてのポテンシャルを使いつつ、お互いに成長していきたいと考えてます。

テンシャルについて

 TENTIALは健康増進・ウェルビーイングのDXを加速させるため、スポーツのハウツーから健康情報を発信する国内最大級のスポーツメディア「SPOSHIRU」と、データを元に企画から販売まで一気通貫して行う、D2Cブランド「TENTIAL」を提供しています。

 TENTIALはこれまで、元日本代表播戸竜二さんをCSO(チーフスポーツオフィサー)に迎えいれるなど、アスリートとの持続的な関係を構築した他、東京都やスポーツ庁よりスポーツ活動への促進が評価され、「東京都スポーツ推進企業」、「スポーツエールカンパニー」に認定されました。さらなる発展が見込まれるウェルネスにスポーツxテクノロジーを掛け合わせ、次世代のスポーツウェルネスカンパニーを目指します。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ