PR

ニュース 経済

「ヨーロッパ産エクストラバージン・オリーブオイル」日本でプロモーション開始

株式会社メディアフレックス

 2020年にヨーロッパ産エクストラバージン・オリーブオイルのプロモーションが日本で開催

 EU欧州連合はヨーロッパ産の優れた農産物の輸出促進プログラムを毎年実施しています。2020年、このプログラムにもうひとつ、ヨーロッパ産エクストラバージン・オリーブオイル・プロモーションが加わります。

 「喜びとともに健康に暮らす」をモットーに、ヨーロッパ産エクストラバージン・オリーブオイルのプロモーションが日本と台湾で3か年にわたり同時に展開します。これはヨーロッパの食生活に根差したエクストラバージン・オリーブオイルを、日本と台湾の食品業界従事者のみならず一般消費者にまでその魅力と特質を伝え、販売の促進を目指すものです。

 エクストラバージン・オリーブオイルの世界には、PDO(保護原産地呼称)PGI(保護地理的表示)という2つの認証があります。これらは、ある特定地域の土地環境と人間の技が結実して生産される優れた農産物にのみ許される認証です。

 PDOはその地域で栽培・収穫された農産物が製品となる際に、すべての工程がその地域で行われたことを示しています。これに対して、PGIは少なくとも一つの工程がその地域で行われたことを意味します。また、オーガニック認証としては、いわゆる「ユーロリーフ」がありますが、これは化学物質が一切使用されていないことを保証します。ヨーロッパ産エクストラバージン・オリーブオイル・プロモーションが対象とするのはこれらの認証を得た製品です。

 プロモーションの母体となるのはイタリアオリーブ生産者協会ウナプロル(UNAPROL-Consorzio Olivicolo Italiano)とポルトガル農業事業者連合カップ(Portuguese Farmers’ Confederation)です。ウナプロルはイタリアのオリーブ産業界の60%を占める団体で、27万事業者、耕地300万ヘクタールを占める団体です。オリーブオイルの品質向上と市場開拓のための様々な活動を行っています。一方、カップはポルトガルの242農業関連団体を代表する連合体で、その目的は農業従事者の利益を保護し、農業振興と農産品市場開拓にあります。

 2020年に日本で計画されている事業は多岐にわたります。コミュニケーション・キャンペーンとしては、通常の広報活動のほか、エクストラバージン・オリーブオイルに関する発言を活性化するためのツールとして不可欠であるSNSマーケティングを行います。また、ヨーロッパ生産者と日本企業の商談会、レストラン事業者向けの教育プログラム、大型小売店における消費者対象の試食販売なども予定されています。さらには、日本国内で開催される主要な展示会やトレードショーにも参加を予定しています。

 上記イベントの開催時期と方法については、COVID19感染拡大防止措置と協調しつつ、慎重に検討されます。

 プロモーションの情報は公式ウェブサイトで既に公開されています。

https://www.enjoyevoo.eu

 <プレスリリースに関するお問合せ先>

 (株)メディアフレックス

 Tel: 03-3407-5731 FAX: 03-3407-4991 Mail:info@media-flex.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ