PR

ニュース 経済

世界的企業3割がSNSへの広告停止も ヘイトに厳格対応求めボイコット 

米フェイスブックのロゴ(ロイター)
米フェイスブックのロゴ(ロイター)

 世界的な著名企業の約3割がフェイスブック(FB)など会員制交流サイト(SNS)への広告を一時停止する可能性があることが6月30日、業界団体の世界広告主連盟(WFA)の調査で明らかになった。

 FBなどに対するヘイトスピーチへの厳格対応を求める広告ボイコットは大手企業で相次いでいる。約4割が対応は未定と回答しており、ボイコットはさらに広がる可能性がある。調査はWFAに加盟する58企業が対象で、広告支出の年間総額は約920億ドル(約9兆9千億円)に上る。

 この日はドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、FBへの広告の一時停止を明らかにした。「ヘイトを含む投稿は注記を付けずに公開されてはいけない。対応は必須だ」と指摘した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ