PR

ニュース 経済

【静岡輝く女性起業家】アミティエノリ プリザーブドフラワー入り口に幸せへエスコート

アミティエノリ 小田賀子社長
アミティエノリ 小田賀子社長
その他の写真を見る(1/2枚)

 生花と変わらない美しい外観を持ちながら、長持ちする加工を施したプリザーブドフラワーの制作、販売で業績を伸ばしているアミティエノリ。小田賀子社長は、お得意様確保や信頼できる法人とのネットワーク強化などで、こだわりのプリザーブドフラワーを入り口に、業容拡大を狙う。(那須慎一)

 --企業理念や商品のこだわりは

 「私たちの使命は、花を通して幸せへとエスコートすること、大切な日(のイベント)を成功させること。そして関わる人の人生を成功に導くことです。1つとして同じものはないエピソードや思いに何千件と立ち会う中で見いだしたあり方です。しかし、起業当初は、この花で思いをつなぎたい、目の前のお客さまの笑顔に関わりたいといったぼんやりしたものでした。この花でなくてはいけない理由、私である理由を毎日自分に問いかけ続けてきました。当社のプリザーブドフラワーは『見えないところを誠実に』ということを徹底し、10年キープできる作りにこだわっています」

 --現在注力している事業内容や主なターゲットは

 「多くのお祝い事や記念日がある中、私たちの仕事は“花を売ること”ではないと自覚したシーンの1つにプロポーズがあります。彼女にプロポーズを予定していて、指輪と花、レストランで花、旅行先で花と考えている男性に、成功するプロポーズフラワーを提案しています。成功後は最適な結婚式場探しをサポートしています」

 --今に至るご苦労や思いは

 「花制作のスキルアップだけではビジネスにならないと気付いたのは7年前で、営業や集客、人材、経理など、経営者として必要なことには全て挑戦しました。勘で動き、手探りで道を決め、やってダメなら方法を変えるの繰り返しでした。特に自社の事業とこの業種の特性に合った人材による体制にたどり着くのに一番苦労しました。職人からスタートした自分が経営者として変貌することは大変なことでした」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ