PR

ニュース 経済

リニア着工へ精力的に調整 静岡県工区で赤羽国交相

赤羽一嘉国交相(春名中撮影)
赤羽一嘉国交相(春名中撮影)

 赤羽一嘉国土交通相は30日の記者会見で、JR東海と静岡県の対立で着工が遅れているリニア中央新幹線の静岡工区について「沿線は令和9(2027)年開業への期待が大きい」と述べ、国として必要な調整を精力的に進める考えを示した。

 川勝平太県知事は6月中の準備工事の着手を認めない方針を表明し、27年開業の延期が不可避な情勢となっている。赤羽氏は「JR東海から遅れるとの報告はない。JRと静岡県との協議が何より重要だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ