PR

ニュース 経済

事業者との連携でバスやタクシーのAI活用推進 国交省

 国土交通省が全国のバスやタクシー事業者と、人工知能(AI)などを活用した新しい交通サービス「MaaS(マース)」事業者の連携を後押しする会議を開催することが23日、分かった。乗客の需要に合わせてAIで配車するオンデマンド交通は混雑を回避できるため、新型コロナウイルスの感染防止の意味でも自治体や交通事業者の期待は大きい。国交省は25日の山形県を皮切りに7月以降も高知県や大分県などで会議を開き、全国で導入を促す考えだ。

 山形県で開かれるオンデマンド交通の促進会議には、NTTドコモのほか、ソフトバンクとトヨタ自動車が共同出資する「モネ・テクノロジーズ」などの事業者が参加。県内の各自治体やバス、タクシー事業者に対してシステムの概要や導入費用などを説明する。国交省は会議後に導入を決めた自治体に対して費用の3分の1を補助する。

 AIなどで効率的に乗り合いバスやタクシーを配車するオンデマンド交通には、交通事業者の高齢化や人手不足の中で地域の足を確保したい地方の自治体の関心が強く、前橋市などが導入している。新型コロナの流行で混雑を懸念する乗客にとっても、路線バスよりも乗客数をコントロールできるため「3密」を回避できる利点もある。

 国交省関係者によれば、オンデマンド交通の利用者は、新型コロナ流行後も路線バスの利用者に比べて減少幅が少ないという。同省はAIオンデマンド交通の導入を決めた全国の交通事業者6社に対して導入費用の補助を決めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ