PR

ニュース 経済

感染症対策で産官学連携 シミックと山梨県、山梨大

感染症対策で連携を確認する(左から)山梨県の長崎幸太郎知事、シミックホールディングスの中村和男会長、山梨大の島田真路学長=12日午後、同県北杜市小淵沢町(渡辺浩撮影)
感染症対策で連携を確認する(左から)山梨県の長崎幸太郎知事、シミックホールディングスの中村和男会長、山梨大の島田真路学長=12日午後、同県北杜市小淵沢町(渡辺浩撮影)

 山梨県と医薬品開発支援のシミックホールディングス(東京)が12日、新型コロナウイルスなど感染症の防止対策に関する連携協定を結んだ。山梨大が既に県、シミックとそれぞれ協定を結んでおり、3者の産官学連携が完成した。

 シミックは保有するPCR検査機器を使って県などの検査技師の育成に協力するほか、新型コロナの第2波や新たな感染症で県や山梨大の検査能力が足りなくなったときは機器を提供する。

 この日、北杜市小淵沢町にあるグループ企業、シミックファーマサイエンスで開かれた式典で長崎幸太郎知事、山梨大の島田真路学長、シミックホールディングスの中村和男会長が連携を確認した。

 長崎知事は「感染症対策で都道府県と民間企業が協定を結ぶのは恐らく全国で初めて。県民のみならず、国民の生命と健康を守るトライアングルだ」と強調。

 島田学長は「日本の新型コロナ対策は遅れているが、山梨では県と山梨大の協力で頑張っている。シミックが加わったことで、新しいものを生み出したい」と語った。

 甲府市出身の中村会長は小淵沢に拠点があることのメリットを強調した上で「インフラと人材育成の両面で協力したい」と述べ、この日完成した新しい研究棟を知事らに披露した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ