PR

ニュース 経済

麻生財務相が財政演説 2次補正予算案「次なる流行に万全の備え」

記者会見する麻生財務相=8日午前、財務省
記者会見する麻生財務相=8日午前、財務省

 麻生太郎財務相は8日、令和2年度第2次補正予算案の国会提出に伴い、衆院本会議での財政演説に臨んだ。社会経済の活動レベルを引き上げていく上で「完全な日常を取り戻すまでには時間を要する」と新型コロナウイルスとの戦いは長期に及ぶとの考えを示し、「次なる流行のおそれに万全の備えを固めていかねばならない」と2次補正編成の理由を説明した。

 追加対策では企業の人件費や家賃といった固定費への支援を強化。また、地方自治体向けに医療・介護などの交付金を追加した。感染症との長期戦に耐えうるよう、新型コロナ対策予備費を10兆円を積み増した。

 予備費については「第2波、第3波が襲来し、事態が大幅に深刻化した場合には、少なくとも5兆円程度の予算が必要になる」と指摘。雇用維持や生活支援に1兆円程度、事業継続の支援と医療体制強化にそれぞれ2兆円程度が必要になると述べた。

 残りは現状で予見できない事態が発生した場合でも迅速かつ十分に対応できるよう確保したと説明し、「使用について適時適切に国会に報告する」とした。

 2次補正予算案を裏付けとする追加の対策は財政支出73兆円、事業規模117兆円となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ