PR

ニュース 経済

中国が米産大豆の購入継続か 米通信社が報道

 【北京=三塚聖平】米ブルームバーグ通信は2日、米国の大豆輸出業者が中国の国有企業向けに大豆を販売したと報じた。トランプ米大統領が香港への優遇措置の撤廃方針を示したことを受け、ブルームバーグは中国政府が国有企業2社に米国の農産品の一部輸入停止を指示したと1日に報じていた。中国側が米国の対応を慎重に見極めようとしている可能性がある。

 香港への国家安全法導入をめぐり米中間の緊張が増し、今年1月に署名に至った「第1段階」の貿易協定の先行きが懸念されている。同記事は、中国政府が購入停止を指示した後も、一部の取引が続いているという見方を示している。

 ロイター通信によると、中国の国有企業は少なくとも18万トンの米国産大豆を1日に購入した。最近は一度に100万トン程度を購入しており、今回の規模は小規模にとどまったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ