PR

ニュース 経済

コロナ直撃 上場企業、赤字1兆円超 ソフトバンク、日産…

インターネットを通じて決算説明会を行うソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=5月18日午後
インターネットを通じて決算説明会を行うソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=5月18日午後

 3月期決算の上場企業の令和2年1~3月期最終損益合計が、1兆473億円の赤字となったことが1日分かった。全33業種のうち輸送用機器や鉄鋼など15業種が赤字で、新型コロナウイルスが直撃して幅広い業種が不振に陥った。通期も最終利益が前期比27・2%減と大幅に業績が悪化。ただ市場では経済活動再開への期待が先行し、危うさをはらむ株高が進む。

 東京証券取引所第1部の上場企業をSMBC日興証券が集計した。5月末までに業績を開示した1428社が対象で、全体の96・7%に上る。四半期の最終損益合計の赤字は、東日本大震災が起きた平成23年1~3月期以来。

 令和2年3月期の通期決算の最終損益合計は黒字を確保したものの、ソフトバンクグループが9615億円、日産自動車が6712億円の赤字で、全体を押し下げた。日本製鉄や丸紅、JXTGホールディングスも巨額の赤字となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ