PR

ニュース 経済

新型コロナ早期収束願い純米酒「アマビエさま」発売

特別純米酒「アマビエさま」(出羽桜酒造提供)
特別純米酒「アマビエさま」(出羽桜酒造提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの早期収束を願い、出羽桜酒造(山形県天童市)は、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」をラベルに冠した特別純米酒「アマビエさま」を発売する。

 アマビエは江戸時代に疫病退散に御利益があると信じられた妖怪で、ラベルに使用されたアマビエの絵は山形県酒田市出身の画家、佐藤真生(まさお)氏の作品。雑誌の表紙に掲載され、縁のあった同社が依頼し使用の許諾を得た。

 特別純米酒「アマビエさま」は、国産米「出羽の里」を原料に、精米歩合55%で山形酵母を使って造り、アルコール度は15度。

 製造本数は3千本。出荷前に、地元天童市の織田信長を祭る建勲(たけいさお)神社で祈祷(きとう)し、「一刻も早く新型コロナウイルスの早期収束を願い、平穏な日々が戻るよう願いを込めた」(同社)。6月10日から山形県内はじめ首都圏で発売される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ